不動産

相場などを調べる

インターネット等で簡単に賃貸物件の相場を調べる事が出来ます

自分が持っている不動産を賃貸住宅として貸し出したいとお考えの方は、まずその時点での相場を知る必要があります。一般的には、賃貸住宅を貸す事を考えた場合、不動産屋さんに仲介に入ってもらう場合が多いです。しかし、仲介に入ってもらうには、仲介手数料等の費用が発生します。そういった事を懸念し、個人で賃貸住宅の契約をする方もいらっしゃいます。 自分が貸し出そうと考えている家の場所の相場は、インターネット等で簡単に調べる事が出来ます。その物件を購入した時期の相場ではなく、今現在の相場をしっかりと抑えておかなければなりません。高すぎず安すぎず、その場所や築年数に合った家賃を設定することで希望者が現れるのです。そして個人契約であれば、しっかりと書類を自分で作成し、後にトラブルにならないようにする事が重要です。

賃貸物件を個人で貸し出す場合には契約者との話し合いが重要なポイントです

最近浜松では、仲介に不動産業者を通さず、個人で不動産の賃貸契約をされる方が増加しています。そのため、自分自身で契約に必要な書類を作成し、その書類に添って説明を行い、契約者と個人とできっちりと契約を交わさなければなりません。 個人で賃貸住宅を貸す契約をする場合に、契約者との話し合いが一番大切なポイントです。話し合いを疎かにしてしまった場合、万が一のトラブルの際にもめてしまいます。さらに契約の際には、入居者希望の方の毎月の支払い能力を見極めなければなりません。とても難しい事ですが、仲介業者が加入していない以上、個人の責任となってしまいます。そのため、しっかりと話し合いの場を持ち、大家さんが貸しても大丈夫と思える相手だと確認する事が大切です。現在は、このような個人での賃貸契約も増えているため、入居希望の方は何か気になる事があれば、前もって大家さんに伝えておくことで、より良い賃貸生活を送る事が出来るようになります。